◆支援学校の講師が指導!

◆指導歴20年

◆今まで85名のハンディを持った子ども達と接して来ました。

発達ゆっくりさんや障害児(者)

子どもたちの成長を支援します


アメブロでよく読まれた、障害児は習い事が出来ない?重度の自閉症のN君の記事を紹介します。

 



レッツトライ!レッツエンジョイワールド!


大阪発達障害児の音楽教室、合同ピアニカ演奏

世界中の全ての人が音楽で繋がることができたら、そんな素敵なことはありません。

言葉の理解がなくても音を紡げばそんな壁は吹っ飛んでしまいますね。

 

当教室はポップスを中心に子どもたちにピアノを指導しています。

帰宅したらゲーム三昧、何か将来に結びつく趣味に繋がってほしいなど、親御さんからはそんな声が聞かれます。

 

ピアノが弾けるようになると、心が安定し情緒が落ち着くと言われています。ポップスを導入することで、自分の好きな曲が弾けるようになります。

 

また定型発達の子どもたちだけではなく、ハンデイを持った子どもたちも受け入れています。


ハンディを持っている人とふれあうことでとても優しい気持ちになります。

自分にできることは何?
どうお手伝いすればいいの?
そんなことが自然と身に付き、人に対しての思いやり優しさが育みます。

 

そんな人に優しい教室でピアノを習ってみませんか



ポピュラーピアノ導入法

当教室はクラッシック指導ではなく、ポピュラーピアノを指導しています。
クラッシックピアノとの大きな違いは譜面でしょうか

クラッシックは2段楽譜に対し、ポピュラーは1段楽譜を使用しま

そうは言っても音楽の基礎となる、音名や音符の種類、などは必要ですので
今、アメリカで大人気のバスティンメソッドを使用します